市政要求実現に全力
LINEで送る

お知らせ

2019年第3回川崎市議会定例会が6月10日(月)~7月3日(水)の日程で開かれています。
宗田裕之団長(写真、高津区)が6月19日(水)に代表質問をおこないます。一般質問は、6月28日~7月3日です。
提出議案は追加を含め32件(条例18件、事件12件、補正予算2件)です。
議案には、いわゆるマイナンバーを外国人や障がい者等の関係機関へ連携する条例案、心身障害者総合リハビリセンターの再編整備、高齢社会福祉総合センターの廃止、区民会議を廃止する条例案などがあります。
日本共産党は、市民の要求実現を求めて、議会で論戦します。大勢の傍聴をお願いします。

 

 

安倍政権の憲法改悪 そのねらいと地方自治体への影響~渡辺治先生講演会のお知らせ

 安倍首相は2017年5月3日、憲法9条を改正し、2020年までに施行すると表明。2018年3月の自民党大会では9条を含め4項目(9条、緊急事態条項、合区解消・地方公共団体、教育)について会見条文イメージをまとめとり、憲法改正を進めていくことを決定しました。さらに、自民党は、2019年2月20日ころ、同党憲法改正推進本部作成による「日本国憲法改正の考え方~『条文イメージ(たたき台素案)』Q&A~」とビラを広報ツールとして同党所属の国会議員等に配布し、改憲に向けた国民運動に活用するよう指示。自民党の参院選公約には改憲が盛り込まれています。
 自民党改憲案は地方自治体にとって大変重要な問題を含んでいます。「緊急事態条項」の規定により緊急事態が発令されれば地方自治体は国の指示に従わなければならず、自治体の裁量は大幅に制限される可能性があり、「地方公共団体」の項目では地方公共団体の二段階制は不安定化し国会の裁量に任されることになってしまうと法律家から指摘されています。
 そこで私たちは、一橋大学名誉教授の渡辺治先生においでいただき、講演をしていただくことにしました。大勢のご参加をお待ちしています。

新着記事