明るい川崎

2017年4月12日

「明るい川崎」第220号(2017年3・4月)


akarui-220-1

akarui-220-2

3月予算議会のご報告

「全国トップクラスのゆたかな財政いかして、中学生まで拡大・所得制限の撤廃・窓口負担金の撤回を」日本共産党が提案しました。子ども医療費助成、政令市最低水準に。全国トップクラスのゆたかな財政を市民生活に使い、福祉・くらし・防災優先に。「83億円規模の予算組み替えを提案」3月議会で日本共産党。