団の発行物 • 資料室

2015年1月16日

「くらし、まちづくり、そして平和。ともに考えましょう」石川けんじ議員(「明るい川崎」2014年12月号外)


ishikawa

ごあいさつ

みなさんのご支援で市議会に送っていただいて16年。この間、みなさんの願いを市政に届け、暮らし福祉をなんとしても前進させたい、そんな思いで働いてきました。

安倍政権が強行した消費税増税は日本経済を不況に陥れ、医療・介護の改悪、原発再稼働、「海外で戦争する国」づくりは国民に苦しみや不安を押し付けています。福田市長は、市民サービスをゼロベースで見直し、大規模事業には大判振る舞いの市政を進めようとしています。

市民生活最優先の立場に立てば、地方自治体は国の悪政から住民の福祉と暮らしを守ることができます。私は、ゆがんだ市政に正面から対決し、みなさんの切実な声を市政に反映するために今後も全力をあげます。引き続きのご支援をお願いいたします。